都留文科大学とあるオタクサークルの日常。

都留文科大学のオタクサークル「アニメ・声優研究会」の公式ブログとして、活動記録などを掲載していきます!

【活動】冬アニメ総評!無職・ワンエグが熱い!!

お久しぶりです!!都留文科大学アニメ声優研究会です!!

 

今年度も終わり、新年度が始まろうとしていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、4年生の先輩方がご卒業されました。

 

当サークルは3年(新4年生)がいないので、これにてサークル創設期の初代メンバーの皆様は全員卒業されたことになりますね。

 

いろんな活動を一緒にさせていただき、カラオケに行ったり、サークル以外の場でもいろいろとお世話になり、本当に素晴らしい先輩方でしたが、惜しむらくは最後のこの1年はオンラインで以外ほとんどお会いする機会がなかったということでしょうか。

 

まだまだ一緒に遊んだり、作品について語り合ったりしたかったなぁ、と。

 

 

本当にいろいろお世話になりました。在サークルメンバー一同、先輩方の門出を心から祝福しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、新年度が始まるということは春休みが終わるということ。...現ブログ担当といたしましては、「え、、?早くない?」って感じです。

 

 

半年くらい休みたいです。いや、切実に。

 

 

 

 

怠惰デスねまったく。大学生、こうなったら終わりなの、デス。

 

 

 

まあ、そんなことはさておきまして、今回の活動に集まったのは3人。英霊の力を宿すカードを集める魔法少女の人数と同じですね。凄いです。現会長の人望が窺い知れるというものです。

 

しかもその内訳は現2年二人と1年生一人。先輩二人の活動に来てしまった1年生の心境たるや...。

 

なんにせよ健気でかわいい後輩を持てて先輩は幸せ者です。

 

 

それでは、活動報告、参りまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告:冬クールアニメの総評!

2月3月は大学生にとっての春休みということもあり、今期は本当に一瞬の様に過ぎ去っていったような気がします。とはいえ、数年越しの続編や懐かし(3,4年くらい前)のアニメの再放送があったりと、なかなかに楽しませてくれるクールだったのではないかな、と思ったりしてます。

 

作品部門

  ゲソ M †山田†
1位 ダイの大冒険 無職転生 ワールドトリガー
2位   ウマ娘 無職転生
3位   ワンダーエッグ・プライオリティ ワンダーエッグ・プライオリティ

 

 

1位はドラゴンクエスト ダイの大冒険。というかこれしか見てないですけど。とにかく熱い!!「THE 少年漫画」て感じがする。旧作アニメで得やったところをそろそろ越すので非常に今後が楽しみな作品。 by ゲソ

1位は無職転生。作画やストーリーももちろんだけれど、個人的には演出が凄いな、と。5話で攫われたルーデウスとエリスをギレーヌが助けに来る時の戦闘シーンで「耳がキーンってなるところ」の演出が良いなと思った。 2位はウマ娘。1期は「普通の萌えアニメかな?」ってなった時もあったけれど、競馬を知らなくても楽しめるし、スポコン要素も強くて面白い。自分は陸上をやっていたので、見てると走りたくなったりも。あと、大西沙織さんが好きなので.........! 3位はワンダーエッグ・プライオリティ」。まずこういう系統のアニメが好き。思った以上に深いストーリーで、あと途中で差し込まれた総集編の回も構成がよく面白かった。活動時点では最終話まで見ていないので、どう話を完結させるのかが楽しみ。 by M

1位はワールドトリガー 2nd season」。集団戦の面白さは1期と変わらず、クオリティは大幅に強化されているので、見ていて満足感が高い。10月から3rd seasonも始まるので、それも楽しみ。 2位は無職転生。作画演出は非常に秀逸で、戦闘シーンは圧巻もの。背景美術がほんとうにきれいだな、と。 3位はワンダーエッグ・プライオリティ」。メイン4人の関係性がとても綺麗で、好ましい。それと敵がはっきり外道なので、それを倒したときの爽快感は大きい。制作のCloverWorksが今期は「約束のネバーランド」や「ホリミヤ」を制作に抱えているにもかかわらずオリジナルでここまでの質のオリジナルアニメが見られるとは...!個人的には10話が好き。 by †山田†

今期で大きく話題を攫った「呪術廻戦」ゆるキャン△ season2」、数年越しの続編となったログ・ホライズン 円卓崩壊」転生したらスライムだった件などがランクインしなかったのは少し意外でしたね。まあ、この人数だから仕方のない面もありますけれど(笑)。「無職転生」と「ワンエグ」は非常にクオリティが高く、多くの人に見てもらいたい作品ですね。特に「無職転生」は2クール目以降もあるようなので、今後の展開に期待したいところですね。 by 現ブログ担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性キャラ部門

  ゲソ M †山田†
1位 ヒュンケル(ダイ大) ジュース(リゼロ) 空閑遊真(ワートリ)
2位   赤血球AC1677(はたらく細胞B) ロズワール(リゼロ)
3位   井浦秀(ホリミヤ 麻生成実(コナン)

1位は「ダイ大」のヒュンケル。不死騎団団長である彼がアイルビーバックまがいのアクションをとっていつ親指を立てるんじゃないかとひやひやしたりしましたね(ネタですが)。いや真面目な話、かっこいいですよ彼は。かつて戦った敵がピンチの時に颯爽と助けに来る展開、燃えません? by  ゲソ

1位は「リゼロ」のジュース。自分は狂人キャラがあまり好みではないので、1期の時ペテルギウスに対しては「めっちゃ無理。」って思ってましたが、2期でのジュースが良い人すぎて...。ぶっちゃけ「過去の方を先に出してくれよ」って思いました。 2位は「はたらく細胞BLACK」の赤血球AC1677。いい友人キャラだと思ったし、ご都合主義展開に左右されずしっかり退場したところが印象的でした。声がKENNさんだったのも良いです。 3位は「ホリミヤ」の井浦秀ホリミヤは珍しく原作から知っている作品なのですが、カットに次ぐカットで、彼の出番も減り、少し不満はありますが、原作から好きなキャラなので3位に。メインのキャラクターとずっと一緒にいるわけではないけれどいいポジションにいるな、と。どこかでしっかり出してくれないかな、って思ったりしてます。 by M

1位は「ワートリ」の空閑遊真。自分は女性声優さんの出す男性キャラボイスが好きなんですけど、日常の遊真のゆるーい空気感の声と戦闘の低い声の温度差が最高にかっこいいです。 2位は「リゼロ」のロズワール。特徴的な語尾が今期はほとんど見られず、終始真剣だったのが印象的でした。個人的には48話でラムに本が燃やされるシーンは彼の人間味が初めて垣間見えた気がして、初めてロズワールのことがキャラとして魅力的に見えた気がしました。 3位は「名探偵コナン放送1000回記念 ピアノソナタ「月光」殺人事件」の麻生成実沢城みゆきさんの女性として立ち振る舞う男性キャラとしての演技が素晴らしいな、と。燃える公民館のシーンに変わり、それまで女性の声だった成実(なるみ)先生が成実(せいじ)としての死期を悟ったような儚げな声は印象深いです。あと、旧作の折笠愛さんの中性的な演技も好きです。 by †山田†

キャラ被りが全くないあたり、全員の嗜好の違いが見て取れますね。ジュースやロズワールなんかは1期との印象が大きく変わったと感じる方も少なくないのではないでしょうか。やはり、キャラの背景を知ると、そのキャラの見方が変わって好きになったり、好きだったキャラがもっと好きになったりしますよね。 by 現ブログ担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性キャラ部門

  ゲソ M †山田†
1位 マァム(ダイ大) エリス(無職転生 エリス(無職転生
2位   小桜(裏世界ピクニック) 宇佐美栞(ワートリ)
3位  

 二乃(五等分の花嫁)

宮内ひかり(のんのん)

二パ(WW発進しますっ!)

「ダイ大」のマァム、獣王クロコダインを煽ってたイメージが強いかもしれない。人質を取った敵相手に「卑怯者!!」と罵りまくる姿は頭に焼き付いたし、それを見て「生死をかけた戦いなんだから卑怯も何もないだろ。」なんて思ってしまったあたり、心が汚れてきているんだろうなぁ....。 by ゲソ

1位は「無職転生」のエリス。あまりあんな感じの幼女、、というか小さな女の子を好きになることはあまりないけれど、かわいいなって。とてもまっすぐ正直なキャラクターで、加隈さん上手いなって思いました。THE 少女って感じ。かわいい。 2位は「裏世界ピクニック」の小桜。毎回厄介ごとに巻き込まれているのが不遇で、だけど好き。日高里菜さんの低めの声いいなぁ、って。 3位は二人。一人目は「のんのん」のひかねえ。もともと好きだったし、お年玉せびったっり、夏海と延々変なことやってた。劇場版も見たけど良かった。ばかみたいでした(いい意味で)。 二人目は「五等分の花嫁∬」の二乃。作品自体は1期の頃から見ていたけれど、2期の方が面白く感じたし、最初は三玖推しだったけれど、風太郎告白するシーンや姉妹のことが大好きでいい娘だなー、と。 by M

1位は「無職転生」のエリス。最初こそ手が付けられないじゃじゃ馬娘と言った感じだったけれど、終盤はルーデウスに全幅の信頼を置いていて、「ルーデウスはすごいんだから!」という姿はとてもかわいいな、と。あと戦闘シーンは超かっこいいです。 2位は「ワートリ」の宇佐美栞ちゃん。いるだけで場が和む空気感なのに、仕事はバリバリできる女性といった風で、非常に魅力的なキャラクターかと。 3位は「ワールドウィッチーズ発進しますっ!」から二パさんことニッカ・エドワーディン・カタヤイネン曹長。縦セーターや白髪のビジュアルは最高だし、いつも主人公のことを機にかけてくれる優しさもあって、すごくいい子かな、と。ギャグ時空ではかなりの大幅にドジっ子属性が強化されたり、ちょっとした腹黒な面も見られたりしていろいろな面で楽しませていただいたキャでした。 by †山田†

つまりエリスがかわいいってことですね。 by 現ブログ担当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OP部門

  ゲソ M †山田†
1位 マカロニえんぴつ「生きるをする」 TRUE「Storyteller」 大原ゆい子「旅人の唄」
2位   DIALOGUE+「人生イージー?」 DIALOGUE+「人生イージー?」
3位   TOMORROW X TOGETHER「Force] CIVILIAN「千夜想歌」

 

「生きるをする」ドラクエっぽくないって言われたりしているけど、直球の歌詞が良い。2クール続けて同じ曲だったけど、3クール目は変わるかな? by ゲソ

1位は「転スラ」のOP。曲調が好きです。TRUEさん×元気系はすごく好きでユーフォのOPとかも好きです。「THE・OP感」が特に良いです! 2位は「友崎くん」のOP。歌も映像も良い。キャラが歌っているような映像が見ていて楽しいし、クレジットの出し方も凝っていて面白い。田淵智也さんこんなアイドル感の強い曲もいけるんだなー、って。 3位はワールドトリガー」のOP。チームが一斉に出てくるところは見ていてすごくかっこいいし、「ワールドトリガー」のOPがあるって感じがまだちょっと変な感じ(1期はOP・EDではなく主題歌が1曲という構成だったので)。 by M

1位は無職転生」OP。世界観に合ったというか、ルーデウスが生まれ育った村を想起させるようなノスタルジー溢れる曲で、OPムービーがなく本編と合わさって流れるのも印象に強く残った。 2位は「友崎くん」のOP。キャラが楽しそうに歌ったり踊ったり走ったり、すごく楽しい曲だな、と。 3位は「魔導祖師」のOP。CIVILIANの曲は「魔王学院」のOPしか知らないけれど、だいぶ毛色の違う曲で、激しいサウンドなのにしっとりとした雰囲気もあって、印象に深く刻まれる曲だなー、と。 by †山田†

「リゼロ」なんかはOPはかっこいいのに、流れること自体がとても少なかったのでもったいないかな、なんて思ったりしてます。あと、夕方のロングラン番組ですが「BORUTO」の現OPなんかは、すごくかっこいいなって思いますね~。 by 現ブログ担当

 

 


マカロニえんぴつ「生きるをする」

 


TRUE「Storyteller」

 


DIALOGUE+「人生イージー?」

 


TOMORROW X TOGETHER「Force」

 


大原ゆい子「旅人の唄」

 


CIVILIAN「千夜想歌」

 


「Long shot」前島麻由

 


いきものがかりBAKU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ED部門

  ゲソ M †山田†
1位 マカロニえんぴつ「mother」 nonoc「Believe in you」 佐々木恵梨「はるのとなり」
2位   アネモネリア「Life is サイダー」 大原ゆい子「オンリー」
3位   「木漏れ日のエール」(ウマ娘)「STORYSEEKER」(転スラ) 佐藤ミキ「You&Me」

「ダイ大」のED。凄くしっとりしていて同じ人でもOPとEDでここまで違ってくるのか!と。タイトルの通り全人類ママを求めているんだな、って。 by ゲソ

今期の殿堂入り枠で「スケートリーディングスターズ」のED仲村宗悟「JUMP」。もともとアーティストとしての仲村宗悟さんのファンで、今回の曲は作詞も担当されているとのことで、マルチに才能を発揮する仲村さんが凄いな、と。 1位は「リゼロ」ED。THE・好みというか、とても好きな声。惜しむらくは放送回数が少ないことかなぁ。 2位は「ワンエグ」ED。本編との温度差が半端ないことで定評のあるED。歌っている4人中3人がラブライブ声優で、聞いていて心地の良い声だし、上手い。 3位は2つ。一つ目は、ウマ娘」ED大西沙織さんとMachicoさんにあった曲で、こちらもお上手だな、と。 2つ目は「転スラ」ED。サビの歌詞が良くて気付いたら最近よく聞くなぁ、と。ムービーにシオン、リムル、ミリムの三人しかいないことも特徴的。 by M

1位はゆるキャン△」ED。何度も本編を見返したけど、結局ほとんど飛ばすことなく、毎回EDを聞いてしまっていた。毎回本編の余韻に浸らせてくれるよいEDです。 2位は無職転生」ED。ムービーの背景美術がとても美しい1曲。色とりどりの花、雪景色、夕暮れ時の草原など、かわるがわるに出てくる風景がとても引き込まれるもので、曲もアップテンポで、大原ゆい子さんの綺麗な声にすごくマッチしているなと感じた。 3位は「裏世界ピクニック」ED。本編の空魚と鳥子の距離感が歌になっているようでなんか好きだな、と。学校は違うけれど、確かな関係性を培っていくような二人の距離感は見ていてとても心温まるものだと思うし、良い曲だと感じる。 by †山田†

キャラソンもポップミュージックもバラードも何でもありなところがアニソンの良い所だな、と再確認できますね。 by 現ブログ担当

 


マカロニえんぴつ「mother」

 


「Believe in you」 nonoc

 


アネモネリア『Life is サイダー』

 


ウマ娘 プリティーダービー Season 2』ノンテロップED映像

 


STORYSEEKER(TVアニメ『転生したらスライムだった件 第2期』エンディング主題歌)- STEREO DIVE FOUNDATION

 


仲村宗悟 - JUMP

 


佐々木恵梨『はるのとなり』

 


「オンリー」大原ゆい子

 


佐藤ミキ『You & Me』

 

 

 

 

 

 

 

 来期アニメの注目作

 

憂国のモリアーティ」の2クール目かな。漫画見て面白いと思ったし期待作。 by ゲソ

続き物なら「ゾンビランドサガR」「フルーツバスケット The Final」、新作なら私は「FAIRY TAIL」が好きだったので、真島ヒロ先生の新作「EDENS ZERO」が楽しみです。あと、キャスト的に、「幼馴染が絶対に負けないラブコメ」も。 by M

オリジナルアニメの「Vivy -Fluorite Eye's Song-」、あと「メガロボクス」の2期「NOMAD メガロボクス2」、それと「SHAMAN KING」のリメイクかな。 by †山田†

 


TVアニメ「憂国のモリアーティ」2クール目予告PV

 


ゾンビランドサガ リベンジ~滾りまくりPV~

 


TVアニメ「フルーツバスケット」The Final / 本PV

 


TVアニメ「EDENS ZERO」放送直前!第1弾PV

 


TVアニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』PV

 


オリジナルテレビアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」第2弾PV

 


NOMAD メガロボクス2 メインPV│"NOMAD MEGALOBOX2" PV(2021)

 


TVアニメ『SHAMAN KING』第2弾PV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

さて、今回はこんなところでしょうか。しかし人数が人数だったので、活動自体は光の速度で終了。ですので、余った時間は冬アニメの感想から脱線した話もたくさん交えて、メンバー同士いろいろと話させていただきました。

 

 

特に、メンバーの一人のM氏はコナンを全巻所持しているほどのコナンファンで、3人でコナンの話を小1時間ほどしましたね。やはり、専心できるコンテンツがあるというのは強いな、と思い知らされるような時間でした。後輩のあまりの有望株っぷりに先輩感激です。

 

 

 

 

 

 

さて、冬アニメの総評の活動を行ったのが、3月30日。このブログを書き終わったのが4月5日。

 

 

 

 

1週間開いてますね。なんという怠慢。

 

 

 

向かい側のコートの王様から「お前はこの一週間、何やってたんだ」と罵倒する声が飛んできそうで怖いです。

 

まあ、何をやっていたかと聞かれれば、何とかして領域展開をものにしようと印を結ぶ練習をしていたわけなのですが.......、まあそんなことは領域内に置いておきまして。

 

 

 

 

 

いや、ほんと現ブログ担当の怠慢でいつもブログの執筆が遅くなってしまい申し訳ありません。新年度からは心を入れ替えてしっかりと務めを果たしていきたいと思いますので、どうか見捨てず、引き続きご愛顧して下さると大変嬉しく思います。

 

 

 

というわけで、改めて今年度も当サークルをよろしくお願いいたします。

 

 

それでは、今回はこの辺で。

サークル創始メンバー卒業しました!!! @都留文科大学 卒業式

 

 こんにちは。

 都留の厳しい冬の寒さも一段落して、風雨が強い幾度かの《春の嵐》が通り過ぎて、3月20日には「春分の日」を迎え、桜の蕾が開き始めた今日此頃。

 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
 春休みを満喫していますかね。



 時は去る2021年、令和3年3月21日。
 都留文科大学の卒業式が挙行されました。

 弊サークル「都留文科大学 アニメ・声優研究会」の創始メンバーである4年生のメンバー4人も、どうにか無事に卒業することができました!



 今回は、その簡単なご報告と、今までの活動を見守ってくださった方々への感謝と、去りゆくメンバーの簡単なメッセージなどを掲載したいと思います。(なお、記事はブログ担当の私=アラ氏が担当します。)

卒業式会場の「うぐいすホール」

 

 

 

 

 

大学4年間とサークルのお別れ


 長いようであっという間だった大学4年間も残り僅か、もはや最後、というか卒業したので終わりですね。もう大学とも都留市ともお別れですし、下宿を引き払って地元に戻ったり、実家から通うメンバーは足を運ぶ機会もなくなったり。

 いや~~名残惜しいですね。
 メンバー各々に思い出とか振り返る昔話とか色々なストーリーがあると思うので、ここでは深く触れることはやめておきます。

 語りたい人は、それぞれのTwitterやブログやYouTubeやnoteなど自身の媒体で様々に発信していると思うので、気になる方はそちらを参照してみてください。(本人の希望があれば、この記事にメディア投稿を載せられますよ)

「都留文科大学」が刻まれた石碑

都留文科大学」が刻まれた石碑

 



 そして、サークルともお別れです。
 最初にも書いたように、今年=2021年に卒業したのがこの「アニ声」を創始した設立時のメンバーです。

 懐かしいですねぇ。
 1年生の時、発起人である会長が活動をしたり皆んなに声を掛けてくれたりしたことが、まざまざと浮かんできます。

 ここでサークルの歩んだ歴史ついて書くのも乙なものですが、今回は省略します。あまり長々と書いても興が醒めてしまいますからね。
 それに、2020年の後輩への引き継ぎ時のブログで辿っています。興味がある方はぜひ覗いてみてください!

tsuru-otaku.hatenablog.jp

f:id:TsuruOtaku:20191001093226j:plain

最初期の活動教室

 

 

 

 

 

サークルメンバーより


 卒業したメンバーより、メッセージを預かってますので、ここに掲載します。

 

 

かいちょー(元)

皆さんこんにちは。アニ声初代会長"だった"者です。この度、無事大学をストレートで卒業することができました。
2・3年の頃は特に、平日の講義を捨ててはライブイベントに参加していた日々の繰り返しで、失った単位は数知れず。
本当に卒業できるのか、ギリギリまで気が気ではありませんでした。
後輩にも「平日に講義を切ってイベントに行っていた先輩」というイメージを持たれる始末。
卒業できて本当によかった…!
4月からは社畜として、ガンガン社会の歯車になっていこうと思います。

先輩として、これと言って残してあげられる言葉はないのですが、一番わかりやすい言葉をひとつ。

「僕ができたのでみんなできるよ!」

僕が卒業できたのでみんなもできるし、僕が就職できたのでみんなもできます。
もし不安になっている方がいるなら、こんなしょうもない先輩の僕のことを思い出して安心してください。
大丈夫、みんなならできる!
(※真面目なアドバイスとしては、何事もどんどん人を頼りましょう。わからないままで進めてしまうよりは、詳しい人に聞くのが一番です。
そして、いざという時は誠意を見せましょう。普段から頑張っている姿を見せておけば、やらかしても許してもらえます。最悪、やらかしてからでも誠意を見せてください。)(何の話?)

話は変わり、思えばサークルを創設したのは、僕が2年生になった時でした。
僕が思い立った時にすぐに力を貸してくれた同級生たち。
サークル創設後に入部してくれた皆々様。
4年生が隠居して(その後も普通に参加していたけれど)、指揮を取るようになった新たな会長・副会長の二人。
たくさんの人の協力によって、僕が当初抱いていた『文大にオタクの居場所を作りたい』という目標も、無事成し遂げられていたのではないかと思います。

卒業してからも、時々ブログやTwitterを覗いては「お、またやってるな」と思いを馳せることができたら、それはとても嬉しいことだなと思います。
これからもマイペースで、続けられたら続けるくらいの気持ちで大丈夫なので、この文大にオタクの風を吹かせ続けてもらえれば幸いです。

それでは皆さんお元気で。
ホントに元気でね〜〜!!!

 

 

 

ライス

会長の思いつきで発足した弊サークルを継続できるように行動してくれてありがとうございます。人間関係の濃い大学で苦しむ(?)アニメオタクたちの居場所になっているし、救われる人もいるのも間違いないと思います。サークルを残していけるようにメンバーの確保に努めてください。
ここからは大学を卒業したおじさんからのアドバイス?を少し書いて行きたいと思います。

ひとつは人生の夏休みとも言われる大学時代にしっかり遊んでおくことです。2年生や1年生も「あと何年かあるし〜」と思っていても大学生活は直ぐに終わってしまいます。あっという間です。大学生活を終えた僕が言うのですから間違いないないです。あと、大学生っぽいことは大学生の間にしかできないと思うのでそういったこともやっておくといいかもしれません。弊サークル会長も大きな後悔を残し大学生活を終えました。会長の二の舞にならないように精一杯遊んでください。

もうひとつ、オタクとしてのアドバイス?はオタク趣味は人生を楽しむ手段のひとつに過ぎないということを知っておくということです。たしかにオタク趣味にのめり込むのはとても楽しいことであるのは間違いないと思います。でもそれしかやらないというのは非常にもったいないことだと思います。上述した大学生活では遊んだ方がいいというアドバイスにも通ずることですが、オタク趣味だけ!というのではなく、友達と遊んだり、恋人を作ったりとマルチにこなしていく方が、大学生活をあとから振り返った時に充実したものだったと思えると思います。「いや、俺はオタク趣味だけでいいし!後悔もしないし!」と思う人もいるかもしれませんが、大学1年生、2年生でした決断など将来を十分に見据えたものではないので(偏見&経験)後悔する確率が低くはないと思います。僕も後悔をしているうちの1人です。
(後悔してるのはオタク趣味にハマったことではなく、オタク趣味しかやらなかったことです。)
なので皆さんは後悔のないように残りの大学生活を送ってください。やらなかった後悔の方が後々重くのしかかってきますよ。チャレンジチャレンジ。

あともうひとつ、就活をはじめるのは早い方がいい。いますぐやれ。(特に一般企業の人)

 

 

 

ミコット

 田舎大学4年間過ごして、様々なオタク活動をしてきました。
 田舎大学の唯一の利点は東京に近いことだけだったけど、皆で集まってアニメを見たり、良い思い出を作れました。
 最近では「鬼滅の刃」や「エヴァンゲリオン」などアニメ作品に対する世間の印象が良い方向に変わってきてる気がします。
 声優などもテレビでよく見るようになりオタクに優しい時代になった今だからこそ、新しいオタクを正しく導き、自分が厄介オタクにならないことが求められると思います。
 自分も働きながらオタク活動を続けていきます。後輩の皆さんもこれからも楽しく活動してください!

 

 

 

アラ氏

 こんにちは!
 時々、ブログを書いたり機関紙を発行したりツイートしたりしていた「アラ氏」です。名前だけでも知っていてくださったら嬉しいです。

 さて、遂に大学を卒業しました。
 あっという間の4年間はとても充実していて、好きな学問をたっぷり勉強できたし、素晴らしい仲間に巡り会えたし、とても楽しいサークルで活動できたし、趣味の方も堪能したし、最高の日々でした! 卒業するのはとても寂しいし名残惜しいですが、でもやりたいことを沢山することができて、未練とか一切なく、清々しい心境です。
 これも皆さんのお陰です。どうもありがとうございました。

 僭越ながら後輩ほかに向けて簡単な言葉を偉そうに書き残させていただくとすれば、次のようなものでしょうか。
「よい作品に触れ、広く興味を抱き、楽しく学ぶ」

 よい作品に触れる。
 アニメ, マンガ, 映画, 小説, ラノベ, 音楽, 学術研究, アート, 演劇, TV番組, ゲーム, 同人誌, ネット......その他どんなものでも、作品に貴賤はないですから、それぞれが好きなものにたくさん触れてください。どんな作品でも自身の心を豊かにしてくれるし、先達の叡智が詰まっているし、新しい知見を得られるし、きっと作品に触れた経験は大きな価値になります。
 また、どの分野でも”名作”とか"古典"とされている作品はやっぱり良いものです。嫌煙せず手に取って触れてみると、その後の人生で役に立ちますよ。

 広く興味を抱く。
 色々なことに興味関心を向けるのは大切だし、好奇心と友達になれたら向かうところ敵なしです。別に真新しいことを始めろと言っているのではなく、ちょっと視野を広げて普段は手を伸ばさないコトにゆっくりアプローチしていけば良いだけです。Wikipediaの語句リンクを辿ったり、図書館で入ったことない分野の本棚を眺めてみたりとか。

 楽しく学ぶ。
 大学生なんですから、学びましょうよ。これは私の経験ですが、色々と良い作品に触れていて、広い視野で興味を深めて、それを見聞きして知って学べば、
そのうち一つひとつが繋がってくる感覚を覚えるはずです。大学の学問でも、趣味のことでも、学ぶ内容は何でも良いと思います。きっと、趣味が深まり、社会がよく分かり、人生が豊かになると思います。

 冗長になってしまいました。
 後輩の皆さんが、勉強も趣味もオタ活も何もかもが満足のいく、とても楽しく充実した大学生活を過ごせることを切に願っています! そして、先輩方や一緒に卒業した同輩のこれからの増々の活躍を祈っています!

 

 

 

 

 

おわりに


 この「都留文科大学 アニメ・声優研究会」の創設メンバーもついに卒業となってしまいました。


 創設メンバーの皆さん
 都留文の寂しいオタクのために、貴重な機会と体験の場を作ってくださりありがとうございました。大切な財産です。


 サークルに参加してくれた皆さん。
 こんなサークルに加入してくれてありがとうございました。人数が増えていくのは有り難かったですし、卒業ぎりぎりまで活動を続けてくれた後輩の優しさは涙ものです。慕ってくれる後輩がいるというのは嬉しいものですね。


 サークルを見守ってくださった皆さん。
 Twitterをフォローしたり反応をくださったり、ブログを読んだり☆をくださったり、機関紙を読んでくださったり、学園祭「桂川祭」の出店ブースに足を運んでくださったり、活動の様子を温かく見守ってくださり、本当にありがとうございました。




 創設メンバーはいなくなってしまいます。 

 が、サークルは後輩に引き継ぎました。
 もともと、初期メンバーが勝手に自由に作ったサークルです。この後は、何も気負うことなく、好き勝手に進んでください。悪習を排したり、新しいことを始めたり、活動内容や方針もどんどん更新していってください。

 とにかく、サークルが大学の中で気を休めて楽しめる場所として続いていってくれたら、それだけで嬉しいですし、それこそ設立意思であり本望です!




 それでは。

 

 

 

 

f:id:TsuruOtaku:20210328213231p:plainf:id:TsuruOtaku:20210328213245p:plainf:id:TsuruOtaku:20210328213303p:plainf:id:TsuruOtaku:20210328213409p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:TsuruOtaku:20210326161328j:plain



  

 

 

【メンバー執筆】ブログとツイッターは!! 遊びじゃねえんだよ!!

 

  こんにちは。
 いつもブログとツイッターでお世話になってます、4年生のアラ氏です。

 前回、「ブログは楽しいよ!」と執筆を勧める記事を書きました。読んでくださいましたかね? 皆さん、書きましょうね!

 


 しかしですね。
 単にブログやツイッターを投稿していくだけでは足りないんです。

 都留文大の「アニメ・声優研究会」という、この素晴らしく良きサークルをより広めていくためにも、その宣伝が必要なわけです。

 

 そう、つまり、




 そんなこともあって、前回のサークル活動では以下のような形でツイッターを運営していくことになりました。

当サークルのTwitterのツイート数がなんか増えました。今回の活動で決まったことの一端で、もっと精力的に広報の方に力を入れていこうという方針となり、サークルメンバーがこれからはもっと型に囚われない何気ないつぶやきが増えていくと思います

 


 そういうわけで、今回は「ブログ運営術」というか「SNS運用」というか、そういう系の話を書いていきます。といっても、SEOみたいな技術屋の詳しいことは私も書けないので、感覚的なことを載せていきます。

 ぜひ、今後の後輩たちの活動の参考にしてくれたら嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターの活用術


 まずは、ツイッターです。
 これに関しては、宣伝の最たるものですね。

 何となく、経験で学んできたこと?をいくつか書いていきます。

 

 

色々なツイートをする

 オタクの私生活を色々とツイートするのは、とても良いと思います!

 だって、公式ツイートばかり垂れ流すアカウントって恐らくつまらないし、「サークルにこんなメンバーがいるのか!」って分かるキッカケになりますしね。

特に今はコロナ禍ということで、学生や新入生へのリーチ方法が少なくて、「サークルを知ってもらう」という意味はとても大きいと思います。


 実は、サークル設立当初は「知ってもらおう」という目的で、初代会長などが精力的にオタ活ツイートを投稿していたのですよ。

f:id:TsuruOtaku:20210213125307p:plain

 

 

 

 

ハッシュタグと話題を掴む

 例えば、都留文大なら「#春から都留文」というハッシュタグが新入生にアピールする一番大きなものだと思うので、こういうので積極的に勧誘をすることが大事ですね。(特に4月からの動き出しとかでは遅いので、早めに認知度を上げておくべき)

 また、単純に「今話題になっているもの」に乗っかるのも、Twitter運用の上では大切です。やっぱり「有用な情報を発信する有益なアカウント」というのは、フォロワーを増やす重要な要素ですから。

f:id:TsuruOtaku:20210213130605p:plain

 

 

 

 

キーワードを盛り込む

 ツイート内にキーワードを盛り込むことで、Twitter検索に引っ掛かり、結果的に閲覧数などが伸びる可能性があります。これはハッシュタグの使用にも通じますね。

 例えば下のツイートとかは、やってますね。
 コレでもかとアーティスト名を引っ張っています。本当にごめんなさい。

f:id:TsuruOtaku:20210213172802p:plain

 

 

 

 

画像を効果的に使う

 最近のオンライン活動では難しいかもしれないですが、「今日はこういう活動をしました~」というのを画像付きで紹介すると、イメージが伝わるのでとても良いと思います!

 また、画像を添付したツイートはタイムラインの占有率を高められるので、より目立つことになり、結果的に宣伝効果が高まる気がします。

f:id:TsuruOtaku:20210213131647p:plain

 

 

 

 

ユーザーを巻き込む

 単純に情報を流すだけじゃなくて、フォロワーなどユーザーが「参加型で楽しめる企画」とかを時々実施すると面白いと思うんです。

 ネット重視で活動しているところもあるし、もともと「学内に固執」しているわけでもないし、新しい意見とかは単純に面白いですからね!

f:id:TsuruOtaku:20210213143412p:plain

 この結果は以下ブログ記事で公開しています。

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 

 

 

 

公式アカウントにRTしていただく

 一番宣伝効果、というか波及効果があるのは公式アカウントからのRTです。やはり、我々一介の学生が運用するツイッターとは桁違いな影響力があります。
 これも、特定のワードを入れたり、公式アカウントへのリンクを貼るとかがありますね。

 例えば以下ツイートは、観光情報誌「Walker」のアニメ垢と、大月市観光協会という2つがリツイートしてくださいました。

f:id:TsuruOtaku:20210213173024p:plain

f:id:TsuruOtaku:20210213173952p:plain

 

 

 

 

 

 

 

ブログの運用術

 

ブログの目的

 そもそも、この「ブログを何のためにやっているのか?」という部分を共有しておいたほうがいいですね。

 今では完全に私物化していますし、後輩の皆さんにも多大なる負担をかけてしまっていますね。.......本当にスイマセン🙏



 ブログを始めたのはひとえに「宣伝」です。
 サークル設立当初はそもそも認知度も低いし、ビラを配る勇気はないし(笑) そういう中で「こういう活動をしている」という活動報告をメインにしていました。

 もともと発表会や試合に参加するタイプではないし、成果物を残すためにはブログが最適だったわけですね。それが今まで続いている、と。



 最終的な野望は、Google検索で「都留文科大学_サークル」と入力した1ページ目に、このブログが表示されることです(笑)

 でも、既に2ページ目に位置していますし、「都留文科大学_桂川祭」というワード検索では1ページ目に表示されることもあります。



 誇ってほしいのは、継続性!

 既に100件以上の記事が公開されているし、3年目を迎えていることは純粋に褒められるべきことです(一般的に3年間継続される割合は3%など言われる)

 実際、都留文のサークル一覧ページに掲載されているリンクの多くは更新が途絶えています。これだけでも凄いことですよ!!

 

 

 

 

ブログの運用


 ブログに関しては普通に書けばOKなのですが、ちょこっとしたテクニック的な内容をお伝えします。ぜひ、今後に活かしてください!

 ただ、狙いすぎるのもどうかという反論もありそうですけどね...(笑)

 

 

記事タイトルを考える

 記事タイトルは重要です。
 やはり、人が「読みたい」と思わないとダメですからね。
 ただ、この点に関しては今までメンバーの皆さんが書いてくださった記事は全く問題ないと思います!


 それ以上に、Google検索対応です(笑)
 例えば、以下は「都留文科大学_桂川祭」と検索した1ページ目に表示されている記事です。個人的な推察ですが、これはタイトルに大学名と学園祭名を入れている効果が出たのだと思います。

f:id:TsuruOtaku:20210213181836p:plain


 あるいは、アニメ作品のタイトルやキャラ名を入れるのも大切ですね。興味ある内容だと分かれば読みたくなるし、Google検索でも引っ掛かりやすくなります。

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 

 

 

 

カテゴリー&アイキャッチ

 ブログの投稿時にお願いしたいことです。


 まず、「カテゴリーの設定」。
 これは記事内容に合わせてカテゴリーを追加して欲しいです。これによって、関連記事を読むのが楽になります。(ブログ上部のメニューから一覧を見れる)


 また、アイキャッチ画像」。
 これは、ブログのトップ画面やTwitterに共有した際などに表示される「見出し画像」で、これがあることで読者の目を引くことができます。


 この2つは、ブログ編集時の右側のサイドバーから簡単に設定できるので、ほんの一手間ですけどお願いします🙏

f:id:TsuruOtaku:20210213184123p:plain
f:id:TsuruOtaku:20210213184145p:plain

 

 

 

 

オリジナリティあるコンテンツ

 読者である人間が見ても、Googleの検索プログラムが評価するのも、最終的には「そのコンテンツにオリジナリティがあるか」です。他とは違うか、面白いか、とかそんなこと。


 この点については、都留文アニメ・声優研究会のブログは全く一切問題ないですね! これほどオリジナリティ溢れるブログは他にはないし、メンバー執筆記事はどれも唯一無二の面白さを誇っています!

 なので、この調子でどんどん好き勝手に記事を書いていただければ問題ないと思います!

 

 

 

 

「好き」で繋がれるように

 当サークルでは「はてなブログ」というサービスを利用しています。

 これは初心者向けであると同時に、趣味のコミュニティがとても広がりやすいサービスになっているんですね。なのでアニメとか漫画とかの話を書くのに最適です。


 まず、「タグ」機能。
 最近追加された機能なので効能は定かではないですが、作品名などタグを追加することで、同じ興味の人に読まれやすくなるそうです。

f:id:TsuruOtaku:20210213182845p:plain

 

 それから、当サークルはサブカル関係のコミュニティに参加しています。
 これは、記事を公開したら自動でコミュニティに共有してくれるので、実際には何もしなくて良いのですが、やはり「読まれる記事」を書くことが大事ですね。

f:id:TsuruOtaku:20210213183439p:plain

 

 

 

 

著作権もきちんとすれば大丈夫!

 ブログに関しては、やはりアニメ関係サークルとして、アニメ画像を使いたいですよね。でも、著作権が心配......。

 でも大丈夫!
 今は著作権処理された画像を使う方法や、SNSを用いるなどの様々な方法があります。


 例えば、Amazon商品画像の貼り付け」
 これは、ブログサービスの中で用意されている機能なので、商品紹介という名目でOKなのだと思います。

第十二話 猪は牙を剥き 善逸は眠る



 あるいは、こちらのサービスは著作権処理済みの「漫画のコマ」を無料でブログに埋め込むことができます。色々なコマが揃っています!

alu.jp



 また、こちらはアニメ公式が公開しているGIFアニメーション画像をブログに使えるサービスです。動きがあるのがとても良いですよね!

via GIFMAGAZINE

gifmagazine.net



 もちろん、公式ツイッターやインスタの画像を貼っても良いし、pixivのような絵師さんの投稿サービスを利用してもいいですよね!

Cocytuswww.pixiv.net



 その他、楽曲の歌詞も投稿OK!
 ブログサービスの方でJASRAC包括契約を結んでいるので、好きな歌の歌詞を掲載してもOKです!

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして

 

 

 

 

 

 

 

解析をして今後に活かす


 ここまで、Twitterとブログの活用術というか運用方針の目安的なものを何点か挙げてきました。

 まぁ、このサークルに関しては、普通に活動をしていれば都留文科大学の他のサークルに比べても十分なレベルで広報が進んでいると思います。

 とはいえ、広報や告知の効果を検証して、その後の改善に活かすというサイクルを回していくことで、より効果を発揮することができると思います。 まぁ、大方は肌感覚で「これはバズったな」と分かるんですけどね。

 

 

 

 

ツイッター


 という訳で、試しにTwitterの状況を見てみます。
 2021年2月13日時点でのスクショです。
 「インプレッション」とは閲覧数のこと。
 あまりこういうのはアップしないほうがよい気もするので、具体的な数字部分は塗りつぶしました。

f:id:TsuruOtaku:20210213165516j:plain


 さて、棒グラフを見ると変化が一目瞭然です。
 2月1日からどんどん変化が大きくなっていますが、これは活動内で「積極的に私的なツイートをしよう」と方針が決まった時期と一致しています。そもそもツイート数が増えれば、単純にインプレッション数も増加するというのは当然ですね。


 また、「トップツイート」も表示されます。
 インプレッション数や、エンゲージメント(イイね・RTなど)数が多いツイートということですが、『呪術廻戦』のツイートがそれに当たります。
 要するに、やはり『呪術廻戦』は人気ゆえに反応を得られやすいということですね。

 

 

 

 

 

おわりに

 
 さて、色々と書いてきました。

 ここに書いたのは主に、ブログ書いたり、ツイートしたりと、クリエイター側が意識すると良いことですね。

 それ以外のシステム的な部分は、勝手にイジって可能な限り最適化しているつもりなので、あまり気にせずにいてください。



 けど、最終的な部分にして最も大切なのは「好きなことを書く」とか「面白いと思ったことをツイートする」とか、やっぱり楽しむことだと思います!



 幸いにも、このサークルに集まっているメンバーはそれぞれ何かしら好きなものを持っているし、このブログを読む人も同じく好きなことがあるでしょうから。

 そして、このブログはアニメや声優に限らず、サブカル、あるいはそれ以外でも、好きなことを何でも書いてい体制が整っています。



どうかぜひ、
好きなことを楽しみながら、
思いっきり書いてください!



ひいてはそれが、
読む側としても一番楽しいので!

 

 

ブログを書こう!

 

 こんにちは!

 先日、卒論発表会を無事?に終えまして、晴れて肩の荷が下りた4年生のアラ氏です!


 皆さんも、春休みですよね?
 ─────────( ゚д゚)ハッ!
 時間があるということは・・・そう、ブログが書けちゃいますね!
 どうですか、ブログ。
 書きませんか。ブログ!


 ということで、最近は毎度のサークル活動時に口を開けば「ブログを書こう!!」と勧誘している「ブログ・ハラスメント」常習者の私が勧める、「ブログを書こう」講座です!

 

 

 

 

 

ブログの機能の紹介

 

 今まで散々「ブログを書こう!」と言ってきたし、メンバーも色々と面白い記事を書いているので、気になっている方もいるのでは??

 とはいえ、まだまだ「私にできるか不安......」なんて思っているかもしれませんね。


 そこで、ブログの機能をいくつかご紹介!
 パソコンの知識がなくても、用意された機能を使うだけで簡単にキレイなブログを書き上げることができます! 

 

 

ブログの編集画面


 まずそもそも、ブログの編集画面がどんな感じなのか分かったほうが良いですよね。
 とてもシンプルで分かりやすく作られているので、装飾などを感覚的に行うことができます!

 Word感覚で、普通に書くだけでOKなので、まずは簡単な記事でも良いから実際に触って書いてみるのがオススメです。

 

f:id:TsuruOtaku:20200825142531j:plain

 

 

 

見出しの設定

 


 上の2種類の見出しを2つ設定できます!

 読みやすい文章にするのに便利です!

 

 

 

 

文字を装飾する


 文字を簡単に装飾できます!!

 

 標準サイズから、文字を大きくしたりもっと大きくしたり、もしくは反対に標準より小さくしたりすることもできます!

 

また、太文字にしたり下線を引いたり取り消し線を引いたり文字の色を変えることだって楽々できちゃいます!


 文字の装飾は、ブログ画面のアイコンをクリックするだけなので、本当にWordとかと同じです。

f:id:TsuruOtaku:20210212182000p:plain


 

 

 

 

コンテンツを貼り付ける

 

アニメやサブカルを語るには欠かせない、色々なコンテンツも簡単に挿入できちゃいます!

 

アニメの公式サイト

yurucamp.jp

 

撮影した写真

説明書きも追加できます!

f:id:TsuruOtaku:20200825134947j:plain

富士急行線と『ゆるキャン』がコラボした時のヘッドマークの写真

 

 

YouTubeの動画


ゆるキャン△ 活動記録映像

 

 

ニコニコ動画

 

 

Amazonの商品

るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)

るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)

るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)

  • 発売日: 2020/02/04
  • メディア: ムック
 

 

 

Twitterの貼り付け

 

 

 

pixivの貼り付け

さいきょうのふたりwww.pixiv.net

 

 

iTunesの貼り付け

ゆるキャン△のテーマ

ゆるキャン△のテーマ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

コンテンツ貼り付け方法


 以上は貼り付けられるコンテンツのほんの一例です。
 そして、貼り付けも超簡単!


 当サークルが利用しているサービスが親切。

 基本的に、WEBサイトでも、Youtubeでも、Twitterでも、リンクをコピペすると自動で最適な埋め込み方法を提案してくれます! なので、初心者でも格好良い記事が書けるんです!

f:id:TsuruOtaku:20210212183252p:plain

 


 また、その他のコンテンツに関しても、「写真を投稿」や「ニコニコ貼り付け」などクリックするだけで出来るツールが用意されているので、これまた簡単にできます! 

f:id:TsuruOtaku:20210212183746p:plain
f:id:TsuruOtaku:20210212183644p:plain

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書く良いこと!


 さぁ、ここまで読んだ貴方!
 「ちょっと書いてみようかな?」なんて思いました!?

 しかし「ブログを書け!」と強要しても、そのメリットが分からないと、ただ負担になるだけなので手が出せないですよね。

 そこで、次に、どんなメリットがあるか、いかに楽しいことなのかを簡単にいくつかご紹介したいと思います!

 

《良いこと》

・好きなコトを好きなだけ語れる!

・写真や動画などを貼って公開できる!

・簡単に執筆できる!


・文章を書くことに慣れていく!

・就活でアピールできる!

でしょうか。

  

 

 

好きなコトを好きに語れる!


 好きなことを好きだなけ語れる!

 趣味について書きまくっても、布教したい作品について触れても、イベントのレポートを書いても、期待のマンガやラノベを紹介しても、大学生活の愚痴を載せても......何をしてもOK!


 オタクって、好きなことになると饒舌ですよね(笑) でも、なかなかそれを語る機会って無いものです。

 しかし!
 ブログであれば、文字数は無制限!
 好き勝手にいくらでも書き散らかして大丈夫です!
 実際に書き始めると、かなりスラスラと手が動くし、次々と書きたいことが浮かんでくるので、一度ブログを書けばその楽しさがわかってくると思います。


 しかも、ネットに公開します。
 なので、同じ趣味の人が読んでくれるし、記事に「イイね(☆)」が付いたり、PV数や閲覧数が少しでもあると途端に嬉しくなるんです!
 (特に、当サークルが利用しているブログサービスは、趣味で繋がる体制がしっかり準備されているのです!)

 

 

 

 

写真や動画などを貼れる!


 ブログに写真を掲載したり、Youtubeの動画を引用したりすることが簡単に出来ちゃいます!

 これは、かなりデカイ。
 TwitterとかInstagramは画像の投稿枚数に制限がありますが、ブログでは文字数も画像数も無制限で好きなことを語れます!


 楽しかったイベントの写真とか、おすすめしたい漫画の表紙とか、購入したオタクグッズとか、作ったプラモデルとか......自分のオタク活動を写真として掲載できます!


 読む方としても、そういった写真や画像があると楽しいので、著者も読者もウィン・ウィンにブログを楽しめるんです!

 

 

 

 

簡単に執筆できる!


 「ブログって難しい」
 そんなイメージをお持ちかもしれませんが、記事を執筆することに関しては全然そんなことないです! 超簡単ですから!


 先ほど紹介したように、Microsoftの「Word」のように文章を打ったり画像を挿入したりできます。大学生なら楽々に書けちゃいます!

 また、スマホからでも執筆・投稿できちゃうので、誰でもすぐに記事を作れちゃうんですよ!

 好きなアニソンを聞きながら1時間もPCの前で作業すれば、立派な記事が書けちゃいます!

 

 

 

 

文章を書くことに慣れていく!


 文章を書く、文字を打つことに慣れます!

 ブログは書くのが楽しいので、そんなに意識しなくても1,000文字は軽く超えて、ともすると4, 5千文字は気づかぬうちに書いてたりします。

 これは趣味について書いているから、まったく苦でないんですよね。


 でも、「俺は3,000文字を書いた!」と自信に繋がります。
 すると、大学の講義で「1,200字の課題」とか出されても笑っちゃうくらい少なく感じるので、めちゃくちゃ良いです。

 もっと慣れると、「どれくらい書いたら1,000字になる」とか、「もう500字増やすにはこうする」みたいな感覚も養えるので、ブログは偉大です。

 

 

 

就活でアピールできる!

 

 「学生時代にブログで記事を公開しました!」
 これはなかなかアピールになりますよ。

 もちろん匿名で書けば、相手企業に記事内容を知られることだってありません。

・積極的に文章を書いている
・成果物を外部に公開している
・ネット社会に順応している
・継続的に物事に取り組んでいる
・最低限パソコンの知識がある
・好きなことを文章で紹介する能力
・サークルの広報に協力している


と、アピール点が色々と出てきます。


 ちなみに、総務省が2009年に行った調査*1では、
・ブログが1年間継続するのは30%
・ブログが2年間継続するのは10%
・ブログが3年間継続するのは3%
とされています。

 ちょっとデータが古いですが、現在でもおおよそ似た数値だと考えられているので、ある程度継続していれば、それだけでアピールポイントになるんです!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー執筆のブログ例

 

 さぁ、ここまで読んだ貴方!
 「もう書いちゃおう!」と思いましたよね!

 それでは、過去に先輩たちがどんな記事を書いてきたのかを、いくつかちょこっと紹介します! イメージを掴む参考にしてください!

 誰もが、どの記事でも、好きな気持ち溢れんばかりに書いています!



 ゲソ氏のブログ記事。
 写真の使い方が秀逸だし、サクッと読めて楽しい仕上がりになっています!

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 


 †山田†のブログ記事。
 オタクの実況の面白さが詰まっていて、書き方や言葉選びも良くて文才を感じます!

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 


 虎仁朗氏のブログ記事。
 自分の思ったことを素の文章で重ねていく内容が、まさにブログっぽい!

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 


 私、アラ氏のブログ記事。
 かなり硬派で胃もたれしそうな、報告書か新聞記事のようなブログ(笑)

tsuru-otaku.hatenablog.jp

 

 


 先達さんたちの記事はどうでしょ?
 記事のスタイルも、内容も、書き方や文章も、本当に自由に好き勝手に書いても良いということがお分かりになると思います!


(私はどうしても論文調の記事になってしまうことが多いにで、十字架を背負う山田氏や、ゲソ氏の文章は読んでいて楽しいし憧れます。また虎仁朗氏みたいに自分のことをつらつら書きたいなぁとも思っています)

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

 どうでしょうか?
 少しは興味が湧きましたかね?

 ぜひ、ちょっとでも気になった方は、TwitterやLINE、メールなどでお声掛けください! 簡単なレクチャーから相談まで丁寧に対応します!




 この記事の続編は、以下になります。
 ぜひ、気になる方はご覧くださいませ。

tsuru-otaku.hatenablog.jp




 それから、ブログのデザインを変更しました。
 よりシンプルに、かつ上部にメニューを設置しました。
 感想とか、あとは不具合とかあればぜひお気軽にコメントか何かでご連絡ください!

f:id:TsuruOtaku:20210212205715p:plain

 

 

*1:総務省 情報通信政策研究所(2009)「ブログの実態に関する調査研究 」<https://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/survey/telecom/2009/2009-02.pdf

【活動】雑(談)会議 FIRST BOUT

祝!ダンまち4期制作決定!!

祝!ゴブリンスレイヤー2期制作決定!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うれしいものですね、好きな作品の続編が見られるというのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでどうもです。続々と授業が終わっていき、多くの学生が苦行から解放されていく今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の活動は前回に続いて、おおよそ活動とは呼べないような雑談会で御座いました。

 

 

 

もはや何のサークルだったかな?と考えさせられますね。

 

 

 

 

 

そして、まず謝罪を。

 

 

今回の活動内容なのですが、先ほども申しました通り、雑談会を行ったのですが、現ブログ担当が内容のメモを取ることを忘れてしまい、今回は記憶を頼りに活動報告を書きます。ですので、一部事実と異なることもあるかもしれないということをあらかじめご容赦ください。(現ブログ担当の存在しない記憶が炸裂してしまう恐れがあります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回集まったメンツは4人。クズ冒険者ポンコツアークプリースト、頭のおかしいアークウィザード、ドMクルセイダーのパーティと同じ人数です。

 

 

 

 

 

アニメ3期早く来てほしいですね。ああいう手放しで笑える作品は最近では貴重ですのでもっといっぱい見たいなんて思ったりしてます。

 

 

 

 

それでは、報告いきます。

 

 

 

 

 

 

 

活動報告:雑(談)会議

教室での活動が厳しい今日この頃、当サークルはオンラインで活動させていただいております。

例年は長期休暇に入ると活動はあまり行わない感じなのですが、今年度がこのままふわっと終わってしまうのは少し寂しいので、不定期ではありますが、春休み中も活動を続けていけたらな、なんて思ったりしてます。

 

さて、今回集まったメンツは Ei(アラ氏)、†山田†、ゲソ、ユズキ(敬称略)の4人。上級生の中に1年のユズキ氏が放り込まれるという形に。

 

 

忙しい中、活動に参加してくれた素晴らしい後輩(聖人)です。

 

最初にした話は確か、今期のアニメについて(だった気がします)。

 

 

前クールの総評時からユズキ氏が激推ししていたホリミヤ。今期の中でも最も視聴継続率が高い作品として話題になっていますね。

 

 

 

 

アニメから入った†山田†は十分に楽しめている(Ei氏、ゲソ氏は未視聴)のですが、ユズキ氏曰く原作を物凄い勢いでカットしているとのこと。 現在3巻だか4巻くらいまで進んでいるらしいです(うろ覚え)。

 

 

絵もきれいですし、何より爽やかオーラが半端ない作品ですね。見ていて浄化されるようです。 

 

 

 アニメの進行の都合上話の一部をカットしたり、オリジナルをぶち込んだりするのは仕方がないと言えます。

 

 

 

そういえば「約束のネバーランド2期」も人気のある長編を全カットするという英断を行い賛否が飛び交っていますね。原作ファンからしたら忠実にやってほしいというところが本音とは思いますが、どのように展開していくのか、見守るのもまた一興です。

 

 

 

ジョジョ5部」や「鋼の錬金術師」、「アカメが斬る!」、「忍空」、「喰霊-零-」など、原作ありきのオリジナル展開がある作品でも高評価をもらっている作品が数多くありますので、これから先の躍進に期待したいところではあります。

 

 

 

 

 

 

それから今期のアニメでもう一つ注目したい作品が、弱キャラ友崎くんですね。

原作を買ったり、読んだことがあるというメンバーが多く鬼目にも注目が集まっていました。 (みみみ好きが多い模様)

 

菊池風香ちゃんももちろん可愛いですけどね~!

 

CVが茅野愛衣さんなこともありかわいさに拍車がかかっている感じもします。

 

あとなんか、今期は茅野さんの声を聴く機会も多いな~なんて話も挙がりました。

 

 

 

 

 

 

「裏世界ピクニック」「真・中華一番」「例えばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」「無職転生」「弱キャラ友崎くん」 と、今期のアニメのメインキャラクターを数多く演じていらっしゃいます。流石としか言いようがありませんね。

 

 

 

 

そして、蜘蛛ですが、なにか?については前回も話しましたが、改めて、悠木碧さんすごいなーと。「幼女戦記」のターニャや「オーバーロード」のクレマンティーヌのような狂気を感じるキャラも魅力的ですし、「キノの旅」のキノや「銀魂.」の朧(少年時代)の声を聴いた時は鳥肌が立ったものです。朧の過去回想は何度見ても涙腺がぶっ壊れますよね。松下村塾メンバーみんなが仲良く平和に暮らしていける世界はなかったのでしょうか....。あの少年時代の朧は、とても優しくて、それでいて人間臭くて、ずっと後悔を抱えて虚と共に歩んできたという背景が彼の最期と相まって非常に泣かせにきますよね。高杉が約束通りの場所にちゃんと埋葬しに行くというのも素晴らしいです。あの辺りはホントに泣きっぱなしでしたよ、ええ。

 

 

 

 

おっと、脱線。とにかく非常に多芸だな、という話です。悠木碧さんが。

さすがこの拳も命もシンフォギアと言い放つだけのことはあります。

 

 

 


TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」EDテーマ「がんばれ!蜘蛛子さんのテーマ」歌:「私」(CV:悠木碧)

 

 

 蜘蛛子ちゃんには頑張って生きてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(えー、っとあと何の話をしたっけ....?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、今回の活動はもともと、春休みの活動の方針を決めることがメインだったので内容が薄いのはどうかご容赦を。そのあたりは、しゃべってる合間合間に決めておきましたので、活動の目標は一応達せられたということにしておきましょう。なんやかんやで楽しい活動でしたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのキャラの好みだったり、性癖について話すなんて一幕もありました。ゲソ氏とユズキ氏はこれまでその辺の好みがかなり被るところがあって、気が合うね~なんて話をよくしていたのですが、今回はなかなかかみ合うことがなく、少し新鮮でした。†山田†が「素肌にそのまま黒い軍服を着たキャラクター(美少女)に萌える」なんて話をしてもあまり共感がされずやはり、好みはそれぞれ違うんだな、と再認識(何回再認識してるんだか)。

 

また、やたらめったら話が脱線する中、†山田†が自分のゲームをやたらと他人にすすめようとしているのはもはや最近の活動ではよく見る光景なのですが、今回は寛大な先輩Ei(アラ氏)がついに重い腰を上げてプレイをしてみたいとおっしゃたので、直接ソフトを貸し付けるなんて後日談もあったとか、なかったとか。

 

 

 

 

あっ、活動中にまたも†山田†が空気を読まず布教をしました。

 

 

dアニメストアにて「WHITE ALBUM2」というアニメが追加されましたので宣伝をば。

近年ではめったに見られない学園を舞台にしたラブコメ、というか恋愛物語となっています。

今見ると逆に新鮮で、面白いと感じられるかもしれないアニメNo.1(当社比)です。

 

www.nicovideo.jp

 

 ↑ニコニコから1話だけは無料で見られるので、是非一度視聴してみてはいかがでしょうか、とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、宣伝終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

さて、今回もうっすい内容でお送りしました。ここまでお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございます。。

この活動報告を読んで、何か新しい収穫を得られるきっかけとなれば、現ブログ担当としては、何より嬉しいです。

 

 

 

 

 

あ、あと、この活動報告を読んでくださる心の広い方ならお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、当サークルのTwitterのツイート数がなんか増えました。今回の活動で決まったことの一端で、もっと精力的に広報の方に力を入れていこうという方針となり、サークルメンバーがこれからはもっと型に囚われない何気ないつぶやきが増えていくと思いますので、もしよろしければこれからもお付き合いしていただけたら幸いです。

 

 

活動報告の冒頭でも書きましたが、後期の授業も大半が終了し、例年なら終了している活動も不定期ではありますが続けていきたいと考えていますので、もう少しだけ、お付き合いしていただけたらと思います。今回の会議で決まった内容についても徐々に実行に移していきたいと思いますので!

 

 

重ねてになりますが、ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。これからも引き続きのご愛顧、よろしくお願いいたします。

 

それでは、今回はこの辺で。

【メンバー執筆】漫画&アニメ『呪術廻戦』展覧会レポート=複製原画・設定資料・絵コンテなど!!!!

 

 こんにちは!
 卒論発表会に向けて大忙しのアラ氏です。
 お久しぶりです!

 今回は標題の通り、アニメ『呪術廻戦』原画展の簡単な感想と、写真を数枚掲載していきたいと思います!

f:id:TsuruOtaku:20210204231735j:plain



 簡単な感想はツイートもしました。

 

 

 

 

 

 

展覧会について


漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真


 まず最初に、展覧会のお話。
 何度も書いている通り、いま最大級の人気を誇っていると言っても過言ではない、芥見下々先生によるジャンプ漫画『呪術廻戦』と、それを原作として現在絶賛放送中のMAPPA制作のTVアニメ『呪術廻戦』

 この原作漫画とTVアニメーションに関する資料等を展示した展覧会が、原宿で開催されています。

 私は、昨年=2020年の秋に足を運びました。
 今さらですが、ここでレポート記事を書きたいと思います!

 

 

 

展覧会の情報

まず最初に、展覧会の情報から。

会期:2020年10月31日~2021年3月31日
   ※まだ間に合います!
会場:ベースヤードトーキョー
   東京都渋谷区神宮前6丁目12-22
料金:無料

https://www.palcloset.jp/shared/pc_pal/event/jujutsukaisen/

 

 この展覧会は前期・後期の2部制です。
 2月からは後期になります!

 

 

 

 

 

展覧会の雰囲気


 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真




 今回の展覧会の舞台は、原宿!

 そう、アニメ3話で呪術高専1年生の釘崎野薔薇を迎えに行ったところ! 彼女たっての希望で待ち合わせ場所になったところ!

 そんなご縁のある場所が会場になったのは、とても素晴らしいことです!
 ちょっと歩けば原宿駅・竹下通り・明治神宮などにアクセスできる便利なところ。”カワイイ”の発信地にして、若者の街です。



 会場は、原宿の複合カルチャー施設の一角。
 雑貨屋の奥、アパレルショップとの間、みたいなとこ。

 もうね、雰囲気が違うんですよ。
 今までアニメや漫画などオタク系の展示に何度も足を運んできましたが、今までは秋葉原の展示スペースや、百貨店やデパートの特設会場とかが多かったんですよ。

 でも、今回は原宿のアパレルショップという....。
 この時点で既に若い女性に人気」という作品の知名度を裏付けていると直感で分かりましたね。

 実際に会場を見ても、皆んなオシャレな格好をした女の人か、明らかにカップルで来ている男女とかで、オーラが強かったです...(笑)




 いや...陽キャのオタクが入りづらい!!!!
 あれです、完全に《領域》です。
 見事なまでのオシャレ空間。
 明らかにノーマルなオタクには精神的ダメージが大きすぎる空間に足を踏み入れた感じですよ。
 術式最終段階の《領域》は「「領域内に入る=死」と同義であり、入るメリットは皆無」と説明されますけど、本当に場違い感がすごい(笑)

 そりゃ展示を見たいから頑張りましたけど、写真とか撮っていても、「いや違和感すごいだろうな...」と思わざるを得ない状態でした(笑)

f:id:TsuruOtaku:20210204233256j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

展示の感想


 展示はめっちゃ格好良かった!!!!
 前期は主に呪術高専のメンバーが主役の構成になっているんですけど、イラストも漫画原画もアニメ資料も、皆んな最高でした!




 こちらは、コミック単行本の表紙。

 めちゃくちゃ大きいサイズで印刷されたパネルが壁に展示してあって、これだけでもテンションがかなり上がります!!! やっぱり、大きいと迫力が桁違いですよ!

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真






 これは、芥見下々先生の漫画の複製原画

 一部は「COMING SOON」となっており、アニメの進行具合に合わせて開示されるというものでした。原作ファンとしては微妙かもですけど、アニメ視聴派の私としてはネタバレ回避が有り難いです!

 私は原作未読。
 なので漫画のイラストを見たのも初めてですが、格好良い! 特に高専の制服とか五条先生の目隠しとか、パンダ先輩とか、「黒い様相」が多いので、白黒の漫画でもとても映えますね。

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真






 TVアニメの場面写と複製原画です!

 アニメ制作の知識とか全然なくて、『SHIROBAKO』(制作解説)とか『アニメガタリズ』とか『映像研』とかで知った程度ですけど、やっっぱりアニメって凄いですよ!

 アニメーターが手で1枚1枚動画を描いて、それが繋がって30分TVアニメーションになっていると思うと、本当に凄いとしか......。
 今回、私が行った時はバトルシーンの複製原画は見れませんでしたけど、それでも静止した1枚でも場面とか感情とかが伝わるし思い出されるから、本当に凄い......。

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真






 そして、アニメ制作資料

 キャラの設定資料と、背景美術です。
 素晴らしいですね!

 何が良いかって、アニメでは一瞬しか映らない小物とか、衣装の細かな部分をじっくり堪能できるところ。しかも、表情・ポーズサンプルでは、そのキャラが一番格好良いところばかりが見られるというのが超嬉しい! 
 販売している資料集とか、円盤特典とかで見られるのかもしれないですが、これが展示として無料で見られるのは有り難いです!

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真






 最後に、アニメ第1話の絵コンテです!

 アニメの展覧会は数多くあって、イラストとか複製原画とかは出展されること多いんですけど、絵コンテってあまり見なくて展示されるの少ない気がします。

 なので、絵コンテ見られたのは貴重でした!
 第1話、五条先生との会話から始まり、呪霊の襲撃、宿儺の指を飲み込む虎杖と両面宿儺の覚醒、伏黒の登場......と盛りだくさん!

 第1話の絵コンテは、キャラデザも手掛ける平松禎史さん。
 台詞と映像のタイミングとか原画・動画への指示とか、普通なら知れない色々な情報があってとても見応え・読み応えありました!

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 

 

 

 

 

展示紹介【漫画複製画】

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真



 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示紹介【アニメ複製原画】

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真



 

 

 

 

 

 

 

 

展示紹介【アニメ設定資料】

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

虎杖悠仁

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

伏黒恵

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

釘崎野薔薇 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

五条悟

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

式神(玉犬・不知井底・大蛇・鵺)

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

両面宿儺

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

禪院真希

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

狗巻棘

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

パンダ

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

呪い

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

漏瑚

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

花御

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

東堂葵

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

禪院真依

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

七海建人

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

三輪霞

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

小物類

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

夏油傑

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

夜蛾正道

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

佐々木・井口

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

真人

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

小物

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

背景美術 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真



 

 

 

 

 

 

 

 

展示紹介【アニメ絵コンテ】

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 漫画・アニメ『呪術廻戦』原画展の「呪術廻戦 大交流展」のレポート写真

 

 

 

 

 

 

おわりに


 そんなこんなで、長々とした記事でした。

 というか、長かったのは後半の写真ですね(笑)
 全部で100枚超の写真を貼っています!

 『呪術廻戦』ファンには堪らないし、そうでなくても十二分に楽しめる展覧会で、素晴らしかったし最高でした!



 会期は2021年3月31日まで。
 新型コロナが心配ですが、東京に来る予定がある方、実家へ帰省する途中で東京を経由する方などは、ちょこっと足を伸ばしてみるのも良いですね!



 ではでは、今後もアニメや漫画の展開を楽しみにしながら、結びとさせていただきます!

 ご覧くださって、本当にありがとうございました!

【メンバー執筆】ガンプラ組み立てました

はじめまして、ゲソです。

活動報告を見てくれている人は、もしかしたら名前ぐらいは知っていてくれるかもしれませんね。

だいたいガンプラの布教をしている人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もいつものようにガンプラの紹介です。

こいつこれしかできないのかよ……

紹介するのはこちらの、

HG 1/144 RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] です。

f:id:TsuruOtaku:20210204215718j:plain

先日twitterで組み立ての様子を乗っけました。

その続きみたいな内容なので、よかったらtwitterの方も見てください。

これです↓

 

 

というわけで、組み立てたこのガンプラ、稼働範囲がすごいんです。本当によく動きます。

ただ、その分どんなポーズをさせるか迷ってしまって……。

twitterの最後にもポーズが思いつかないので、ブログの時にはしっかりしたのを撮るといいました。

とりあえず良い感じに撮れたので見てください、どうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:TsuruOtaku:20210205124754j:plain



 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

止まるんzy……

いや、ちがうんですよ。私もね、頑張ったんですよ。かっこよく撮ろうって。

でもね、あれからこんな風に構図を考えたんですけど……

f:id:TsuruOtaku:20210204222624j:plain

なーんも思いつきません。

 

 

 

一応これではいけないと思って、もっと考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

f:id:TsuruOtaku:20210204223818j:plain

やっぱり思いつかねぇなってなりました。

 

 

 

 

結局のところかっこいいポーズを見たい人は、自分で組み立てて遊んでくださいってことでダメですか?

もしダメだったら、こんなポーズがいいよってtwitterで言ってください。

できる限り要望に沿うような写真撮って乗っけます。

 

 

 

次に組み立てるものは決まっていないので、ガンプラに限らずオススメのものがあったら教えてください。

予算と相談して買います。

 

 

次も、なにか買ったらブログにまとめたいと思います。